iPhoneを購入する上で知っておきたいこと

日本では絶大な人気を持っているiPhoneシリーズですが、特に知識がない状態で買い求める人も少なくありません。

確かに、iPhoneはそのデザインも搭載されているシステムもApple社が開発したもので非常に洗練されたデザインと高性能な機種であることは間違いありません。



しかし、他のスマートフォンに比べて、購入してから気づいては遅いようなポイントもあります。
それが、外部記録媒体が利用できないことと、キャリアでの修理受付が出来ないことです。
一つ目の外部記録媒体というのはSDカードなどをさします。
カメラで撮った写真などを記録する部分が本体の内蔵ストレージのみと言う点です。

パソコンやicloudに保存することは出来ますが、他のスマホのようにSDに記録して物理的に移動させることができません。

そのため、今まで他のスマホを何機種か利用してきてiPhoneに機種変更した人にとってそのデータの移動は非常にめんどうなものとなります。
更に、キャリアでの修理の受付が出来ません。

今、話題の便利な日本経済新聞について説明致します。

これはAppleがそもそも認めていないためにキャリアでは販売と電波の提供のみとなっています。
一部では有料保証にて交換なども行っていますが、基本的に従来の携帯電話のような修理は受付がありません。


そのため、iPhoneを購入する場合はしっかりと自己責任という意識を持って利用する必要があります。
破損や水没などの際には何万円もする本体を再度購入しなければならなくなる可能性もあるのです。

世界で一番iPhoneの値段が安い日本だからこそ、その扱いは他国に比べて乱雑です。


少しでも知識を事前に持った状態で購入しましょう。